白と赤の境界線

コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト制作 ~4

ここで、振り返り。

アーキテクト制作で、何をするつもりだったか、

・溶接の実施            胴にはうまく使えたかも?

溶接を肌色パーツの胴に施したのですが、あのパーツ、キッチリ嵌らない? 嵌れば、特にやる必要はなかったように思いますが、成型色仕上げにするためには、溶接が必要でした。

 

・あとハメ加工の実施        △肝心なところにやれませんでした。

膝の二重関節両方に施したかったのですが、破損が怖くてできませんでした。(´;ω;`) 腕の固定パーツをまんまとしてやったつもりが、嵌らなくて、バキッ(´;ω;`) 小さなスナップフィットピンは、入らなくなることが、多々あるんですね・・

 

・合わせ目消し           脛に関しては〇 腕に関しては×

モールドの線に沿って、ふくらはぎ側面を分離しましたが、二度やる気がしない感じです。しかし、2度やったので3度目はやりたくないです。

 

・髪の毛のグラデーション塗り。   エアブラシの掃除不良で粒子が粗い(´・ω・`)

こまめに掃除していたつもりが、ニードルに結構付着してました。肝心な時だったので、泣けました。

 

・黒の部分に、光沢処理       マスキング漏れの修正も含め60点

腿側の膝のマスキングが鬼門でした・・胴のグレーパーツも。ボルトモールド、も面倒ですね。 コンパスカッターとか駆使して、なんとかクリア。

補修済みですが、グレーが漏れました(´・ω・`)

 




・ボディーアーマ(‘ω’)、の縞処理。  90点

まぁ、良いんじゃないですかね。

 

・関節の調整。           ABS部品にはメンソレータムを塗り、渋さを消したが、肩基部がユルユルに・・

ガンプラでもそうですが、ABSは洗浄すると、うまく組み立てられなくなります。離型剤が多少ついたままでの制作を想定されてるからでしょうか? 無理矢理に、軸関節に差し込むと、動かそうとするだけで、ポキリと逝きますよ。 なので、ABSの稼働パーツには、メンソレータム(シリコンとかでも可)など、プラを侵さないもので、潤滑してあげるとよいようです。 でも、肩基部の緩さは・・・  調べてみると、ウレタンチューブなどで、渋みを上げるほど、元から緩いようです。

 

・罫書針で、マイナスモールド掘り  意外とイケたかも?

奥まった部分のスミイレは、ほかに漏れたり、乗らなかったりで マチマチにならないように、キッチリ掘っておきます。

 

・顔の化粧             筆のタッチのこっちゃった・・・水が足りなかったです

前回の記事に書いてたから、まぁ、良いでしょう。

 

こんな感じで、アーキテクトは制作されました。

完成記事で愚痴らないように、ある程度ここで済ませておきましょう(‘ω’)

完成記事は、写真多いから2回に分けるかもです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です