白と赤の境界線

矢澤にこ(ボークス キャラグミン) 制作に挑戦してみる ~1


紛失防止を含め、袋から丁寧に取り出し、ポリビーカーに詰めていきます。

手触りや音でのことですが、割れそうで怖い(◎_◎;)

詰め込んだら、造形村のキャストクリンという、離型剤落としを吹き付けます。

・・・もっと霧状にシュワッと出るのかと思っていたら、ビチャビチャビチャ・・って、感じで出ますね。
まんべんなく、吹き付けられたようなので、新聞紙に出して乾燥。

キャストクリンは、有機溶剤含有なので、換気のいいところ(外)で吹き付けたのですが、乾燥させる部屋がやられました。。。(´・ω・`)
防虫剤?っぽい臭いが・・・
あ、新聞の記事は、故意じゃないですよ。近くにあった古新聞がコレであっただけで・・・





そして、ゲートを切りますよ!(`・ω・´)

あ、薄刃ニッパーじゃ無理だ・・・・

無理矢理使えば、切れないこともないけど歪んだりすると台無しです。
安いニッパーでも良いかなと思いましたが、本体の方が傷むのが怖い。

そうだ、超音波カッターだ!購入から恐ろしくて使ってないアレにしましょ。(`・ω・´)

超音波カッター【ZO-41】 エコーテック [ZO-41 チョウオンパカッター]【返品種別B】


私がもってるのは、コレ(´・ω・`)

では、入刀(?)してみます。

あ。。。あぁぁ。。。ナニコレ
力入れなくても、バターのように切れるじゃないですか。

でも、刃の入りにくい角度もあるようで、これはこれで、慣れが必要なようです。

刃を当てて、切通したい方向に抜く感じですかね。解りにくい?
当てて、まっすぐ進めるだけで切れます。
切るのが楽しくなりそう。

刃が斜めに当たっていると、振動がビィィっと音で感知できます。振動してるんだねぇ。。 側面片側に物が当たった状態も同じようです。

文章が下手なので、要点を抜き出しますと、

超音波カッターの感想として。

・電源が要る。

・よく切れる。バターを切るようにと書いたように抵抗はあります(´・ω・`)

・切る方向に力を入れない。切れるに任せる

・まともに切れているときには振動を感じない。刃の斜め方向に力を入れると、細かな振動を感じます。

・削ぎ切りするような使い方は苦手かも。

・手の動かす速度が遅すぎると、素材によっては溶けます。

・オーバーヒートしないように、熱くなり始めたら一休み(´・ω・`)

気づいたところで、こんな感じでしょうか。

私が使ってる物より、安いものは、

本多電子エコーテック超音波工具US-gadget(ユーエスガジェット)ホビー用小型超音波カッターZO-40B(ブラック)

 

とか

本多電子 超音波カッター USW-334

とか。

ゲート処理まで終わらせたかったところですが、用事で今日は、ここまでに。

 

イラストのコンテストに、挑戦してみようかと思いますので、次回の制作更新は数日後に。(m´・ω・`)m

キャラグミン 1/7 矢澤にこ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です