白と赤の境界線

アルスラーン戦記16巻も読み終わりました(´;ω;`)



天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)


ネタばれ無しの感想、難しすぎませんかね(´;ω;`)

マヴァール年代記のように、すんなり終わるかなぁ?とも疑ってましたが、

長年のファンを裏切りつつも、裏切らない不思議な感覚になる最終巻でした。

エピローグは、涙が止まりません。ラジェンドラのセリフも良かった、今まで行状を思い返して、笑いながらも泣けてしまいました。

読むべきか、読まないべきかと問われれば、「今までに見たことある人には、ぜひ最終巻まで読んでください。」と答えますよ。

 

長年、ファンであり続け、幸せでした。そして、田中芳樹氏にありがとう。お疲れ様でした。

次の作品を楽しみにしてます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です