久しぶりの作業再開となりますが、まず、ベースなども加工して、自立できるようにしてみましょう。
アクリル板に罫書・・すると、傷がつくか卦書き出来ないかもしれないので、無理をせず、
マスキングテープを中央くらいの位置に貼っておきます。
その上から、中央部をボールペンで罫書、穴加工に入ります。
作業中に傷が入ると嫌なので、袋に戻し、その上から、穴あけします。

アクリル板は少々固いのですが、下穴1mmは何とか開きました。
そのまま2mm・・・チャックで滑りますね・・(´・ω・`)
1.5mmで穴を広げます。
そして、2mm・・・何とか開きました。

立たせてみます。まずます、でしょうか。

組み立てピンを、切り飛ばしてしまったパーツのピンを再生します!

切りくずを接着します。

ハメられるように成形します

あっ、、久しぶりに指を切りました。(´・ω・`)
絆創膏をつけると、感覚がイヤですが、つけないと血で汚れちゃいますね。
仕方なし・・。

細かい部品にも軸を入れようかと思いましたが、1mmじゃ、太くてダメみたいです。
通販サイトでみてみると、0.2mmとか0.5mmもあるんですね・・買っておこう。

さて、全部取り付けて、ここから塗っちゃぞー みたいな記事にするつもりでしたが。また、遅延します。
ピアスなどの装飾品の仕上げに、迷ってましたが、極細の真鍮線が手に入れば、その辺をクリアできそうです。

なので、地味に、パーツを仕上げていきます。
髪の毛なんかも、観た感じ、先が丸くモヤッとしますからね。

削る前・・

削った後・・・

こんな感じで!ってよくわかりませんよね(´・ω・`)
写真の撮り方とか、配置とか考えて撮れば、違いが解りやすいのでしょう。
具体的には、先端をシャープにしたり、マタ部分の角度が狭くなるように削ってます。

真鍮線が届くまで地味に表面を整えたりしておきます。
ほぼ、動き少ないですからね。ほんとに地味な作業ですから。
ではまた、次回に(´・ω・`)