今日は、夕方までに用事を済ませ、さて、何をしてたんだか記憶にない・・
そうだ、袴の資料に買ってた本を、本棚を片付けてたら見つけたのでした。
カバーの書店名からすると、、、、、浜松町?辺りで買ったもののようです・・・
活動再開して、こんな本が出てきてくれるのは、嬉しいことです。
きっと、お絵描きに反映される・・・・かも?しれない?ですよ?

そこで、タイトルのお話ですが、意外と、知らない人も多いみたい?
女の子の袴でマタが分かれてるものの方がある意味、例外ですね。
例えば、剣道、弓道(方針によります)、合気道とか他もあるかもしれませんが、思い浮かんだもので。(´・ω・`)
でも、マタがあってもなくても、袴は格好良くて憧れます。

足に向かって広がっていくフォルムが好きなんですね・
それなら、フランスなんかのドレスも好きなんじゃない?と思うでしょうが、肩の広さが苦手のようです。

卒業シーズンになれば、卒業式に着物に袴と、美しいいでたちの娘さんが見られるようになりますね。
もぅ、普段着でよくない?(´・ω・`)とか、思わなくもないですが、毎朝の着替えとか大変になってしまいますね。
ちなみに、この袴もスカートタイプですね。

資料による、女の子の袴の歴史だと、明治初期には、マタのある男袴を着用していたらしいです。
当時のクレーマー?の要望により、男袴禁止令が出たとかなんとか・・

まずい、読んでたら興味深くて文章が進まない(´・ω・`)

検索などで、こんな情報をまとめているところもあるのでしょうけど、本の手軽さも、この場合捨てがたいものがあります。

この資料を活用して絵を描く時が、また、楽しみになりました。

過去に描いたものをオマケしときます。
ノークレームでお願いしますよ(´・ω・`)

にほんブログ村 イラストブログ デジタルイラストへ
にほんブログ村